Battle of Imphal

日本語 English (英語)

マニプルと第二次世界大戦

シルチャル-ビシェンプル行路(オールド・カチャール道)からロクタク湖およびティディム道を背景に。ランジート・モイランテムによる写真 シルチャル-ビシェンプル行路(オールド・カチャール道)からロクタク湖およびティディム道を背景に。ランジート・モイランテムによる写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「戦争が終る時までに、マニプルは、いやおうなく現代の時代に引きずり込まれていた」-John Parratt, Wounded Land。

マニプルにとって、インパール作戦は決して第二次世界大戦の経験だけを意味するものではなかった。戦争の全期間は、現地では「Japan Lan」として知られている。「Wounded Land」において、ジョン・プラットは次のように記している。「戦争が終る時までに、マニプルは、いやおうなく現代の時代に引きずり込まれていた」。これは誇張ではない。実際、マニプルは第二次世界大戦から最も影響されたインドの一部なのだ。マニプルは、1942年の始め頃は、外部の世界とはほとんど繋がりのない静かな一角に過ぎなかったが、その年に日本がビルマを支配すると、英国と日本の間の前線地帯になった。

インパールは、1942年にはビルマから逃げる難民の最初の主な入口になった-10万以上が群れをなして、当時のアッサムにあったジマプルやシルチャルへ行くのに、マニプルを通ったと言われています。コイレンゲイ飛行場として知られている後のインパール・メインに、が確定されました、難民を収容する大きなキャンプが設営された。英国ビルマ軍は、スリム将軍とアメリカのジョーゼフ W.「ビネガー・ジョー」スティルウェル将軍の両方に率いられて、インパールを通って退却した。インパール自体は、1942年5月10日と16日に初めて爆撃され、都市人口のほとんどが難民生活者となった。

その数か月後に、インパールは重要な前線補給基地になり、かつてなかったようなインフラストラクチャーが整備された。乗馬道はタールマカダム舗装道路に変えられ、ジープ用道路が加えられ、それまで存在しなかった滑走路は作られ、また、インドの他の場所や世界中から何千もの軍隊が流れ込み始めた。インパールでの商売は繁盛し、兵士に必要なあらゆる種類の品物や補給物がやって来た。

1944年3月に、マニプルおよびその住民がインパール作戦の急激な戦乱に巻き込まれた時、物事は頂点に達していた。多数の住民が家を空け、避難所を探さなければならなかった。世界でも見たこともないような激しい戦いが起きて、村は爆撃され、家は破壊された。それに、それは物理的な被害のことを言っているに過ぎない。

心理的には、戦争中、インドの他の場所や世界の多くの所から知られただけでなく、マニプルの住民は、英国の戦争遂行に味方し、また、ほんの一部ではあるが、インド国民軍および日本軍にも味方したという激しい宣伝に翻弄された。住民のある部分は確かに後者の側に付いたが、他の者は、-マハラジャ・ボダチャンドラに先導されて-英国の戦争遂行の支持に回った。

マニプル州公記録保管所における1993年の論文において、N.ロッケンドラ博士は、次のように説明している。マニプルの世界第二次大戦の経験は、「人々の社会経済的生活と同じく、意識の面でも急速で重要な変化をもたらした。これらの変化は、新しい社会勢力の出現への道を開いただけでなく、第二次世界大戦直後のマニプルに、幅広い経済的・政治的な変化をもたらすための強い民主的運動に不可欠な前条件を準備した。」マニプルは永遠に変わって行くこととなった。